蒼の世界

黒衣の使者が、示す先…
目印を、頼りに…
それは、魔女の棲む家…?

可憐に、息付く、モノ…
踏まれても、踏まれても、健気に…
揺蕩うように、息をつく

しっとりと…ひっそりと…
時も、音も、喪って
匂いすら、喪って…

今を限りと、咲き誇れ
大輪の微笑みで、魅せましょう
艶やかに、華やかに
今回は蒼の世界をお届けしました。
不安も恐怖も包み込む静寂。
それでいて、確かに在る、美しさ。
音も匂いも遠ざかり、世界から隔離されたような不思議な感覚。
そんな世界の片鱗を感じて頂ければ、幸いです。