即興詩 †ユメヲ ミテイル†

 夢を見ている 叶わぬ夢を
 夢を見ている 適わぬ夢を

 夢に生き 夢に果つなら
 それはそれとて幸せだけど
 女は夢を語りつ現(うつつ)に生きる

 いっそ盲(めし)いてしまえたら
 まこと夢にぞ生きれるだろに
 恋は盲目とは言うけれど
 さりとてこれには役には立たぬ

 もし もしも この夢を
 千年 万年抱くなら
 死の顎(あぎと)すら
 甘美なるかな天上の淵
 針山すらもまだマシさ

 だけどそれでも夢を見る
 ただひたすらに夢を見る

 それがなければ。
 死すも生きるも同じ事。

 あらゆる苦も喜も。
 夢から生まれればこそ。