挿入詩 †イタミ†

天にも地にも染まれぬ心抱えて
ただひたすらに彷徨っている
故郷も無い 理想郷も無い
あてど無い旅ひたすらに
翼抱えて眠るだけ

天使にゃなれぬ
悪魔にもなれぬ
人にもなれぬ
泡にもなれぬ
仮宿すら決まらぬままに
何処にも在れぬ異邦者
何処にも行けぬ彷徨者

そう…
pain pain pain pain..
身体が痛いか心が痛いか
もう判らない ただ
pain pain pain pain..
痛くて痛くて堪らない
魂までも引き裂かれそう

神様神様私は貴方を愛したいだけ
それが罪だと言うのなら
どうか翼をもいで
どうか角を与えて
それもダメならば
煉獄に落としてよ…

黒き翼掻き乱し
もいでも もいでも 無くならない
黒き翼撒き散らし
真紅の悲鳴をあげるだけ
心すらも変われるならば

ああ…
pain pain pain pain..
身体が痛いか心が痛いか
もう判らない ただ
pain pain pain pain..
痛くて痛くて堪らない
魂までも引き裂かれそう

誰か私を受け入れて
誰か私を受け止めて
永久の孤独から
私をすくい上げて…