即興歌 †願っているモノ†

 どうにもならない事ばかり
 それが生きる事ならば
 別に生きなくても良いなんて
 強がりばかりじゃままならない!

 誰か私を閉じ込めて
 時すら流れぬその中に
 仮初の安息見出して
 胎児の如くに眠るだろう!

 未来も無い 希望も無い
 明日なんて判らない
 行くべき道も知らぬまま
 いったいどこへ行けば良い!?

 私は羽が欲しかった
 何処にでも行ける翼が
 誰もいない何処かへと
 行ける翼が欲しかった
 そうして何処かへ行けたなら
 私は何処に行っただろう?
 一体誰が泣いただろう?

 私は魔法が欲しかった
 皆の記憶を消せる魔法
 痕跡全て消し去って
 私を消してしまいたかった
 そうして消えてしまえたら
 私は何処に行っただろう
 一体誰が気付いただろう?

 いつだって願っているのは
 永久の安息だけなのに
 悩みの無かった楽園に
 戻れるものなら戻りたい
 無知で幸せなあの頃に
 戻れるならば戻りたい