即興歌 †荒野と紅†

 紅(くれない)の風が駆けてゆく
 死の香りを抱(いだ)いたままで
 果て無き荒野のその果てに
 一体何を届けるか

 とーおりゃんせ〜 とおりゃんせ〜
 死出の国へととおりゃんせ〜

 常世を目指すか武士(もののふ)共よ
 棺の中でも剣携えて
 一体何と戦うか
 一体何を願うか

 理想という名の幻想に
 踊らせられて乗せられて
 常世を目指すか武士共よ
 墓場の先まで剣持って

 とーおりゃんせ〜 とおりゃんせ〜
 死出の国へととおりゃんせ〜

 紅だけが駆け巡る
 荒野に佇む少女が一人
 髑髏(どくろ)の山に腰掛けて
 まるで関心無い様で

 果たして女神か魔女か
 武士共は知らねど
 ここは彼女の大地
 彼女の統べる死の荒野

 とーおりゃんせ〜 とおりゃんせ〜
 死出の国へととおりゃんせ〜

 戦え戦え武士共よ
 少女を求めて楽園求め
 戦い続ける武士共に
 プルートゥーの祝福を!


 とーおりゃんせ〜 とおりゃんせ〜
 死出の国へととおりゃんせ〜
 死の翳りを孕んで!

 とーおりゃんせ〜 とおりゃんせ〜
 災いだけを招いて!

 とーおりゃんせ〜 とおりゃんせ〜
 死の香りに包まれて!

 とーおりゃんせ〜 とおりゃんせ〜
 禍(わざわい)だけを呼び寄せて!

 とーおりゃんせ〜 とおりゃんせ〜
 マリオネットは気付かない

 とーおりゃんせ〜 とおりゃんせ〜
 死出の国へととおりゃんせ!