即興詩 †満月に想いを寄せて†

 お星さま お星さま
 あなたは願い事叶えてくれる?

 お月さま お月さま
 あなたは願い事叶えてくれる?

 天使さま 天使さま
 あなたは願い事叶えてくれる?

 神さま 神さま
 あなたは願い事叶えてくれる?

 だぁれに聞いてもみぃんな
 首を横に振るばかり

 だぁれも叶えてくれぬから
 私は私を抱いたまま
 暗い夜道を歩きます

 夜道は静かでしんしんと
 音も無いほどただ深く
 それでもどうしてこの夜道
 ただひたすらに歩きます


 森の中で兎たち
 集まって空を仰いでた
 静かにお祈り捧げてた

 空を見たらぽっかりと
 まんまる大きなお月さま
 ただひたすらに明るくて
 ただひたすらに柔らかく

 それでも兎も熊さんも
 お空に祈るだけだから
 私はまた歩きます
 誰かを探して歩きます

 誰か私にマッチを擦って?
 そしたら私温まる
 どうして私にマッチを擦って?
 そしたらきっと温まる