即興詩 †堕天のウタ†

ねえ 神様
一体どこを見ているの
ねえ 神様
その目は飾りですか

遥か遠くまで見通せると
日頃豪語してるのに
これは見えてないのですか?
一体何を見ているの

ねえ 神様
早くその手を差し伸べて
ねえ 神様
どうかその手を差し出して

罪だ罰だは早いのに
救いは未だに訪れない
罰する事に夢中過ぎ
救いは二の次三の次

ねえ 神様
一体何を見ているの
ねえ 神様
その目は節穴ですか

ねえ 神様
これ以上待ち切れないよ
ねえ 神様
破滅の音が聞こえるよ

ねえ 神様
もう待ち切れないよ
ねえ 神様
仔羊達が牙を剥く

節制ばかり強いたてて
従順ばかり強いたてて
餌など何処にも見当たらぬ
飴など何処にも見当たらぬ

ねえ 神様
もう待ち切れないの
ねえ 神様
紅い涙が翼を濡らし
ねえ 神様
翼が黒く染まるよ
ねえ 神様
救いはもう待てなくて
ねえ 神様
羊が蛇の手を取るよ