即興歌 †地に堕ちた子供†

傷付けられて 羽根をもがれて
夢も奪われて 地に落ちた子供

永遠に地を這え 見苦しく醜く
永遠に天を見上げよ 決して戻れぬその天を

傷跡が疼いてる もう羽根の無いその背中
まだ癒えぬ瞳で 宛もなく空を見上げてる

いかに天を見下ろしたとて
いかに天に唾を吐いたとて
天は遠く高く果てしなく…
雲も星も月すらも掴めない

永遠に地を這え 浅ましく愚かしく
永遠に天を見上げよ 決して届かぬその天を

傷跡が疼いてる もう羽根の無いその背中
まだ癒えぬ瞳で 宛もなく空を見上げてる

蛇が嗤う いやらしく
あれはさぞかし美味だったろと
暗闇に光る紅い舌
甘言乗せる毒の舌

傷跡が疼いてる もう羽根の無いその背中
まだ癒えぬ瞳で 宛もなく空を見上げてる

永遠に地を這え 見苦しく醜く
永遠に天を見上げよ 二度とは戻れぬその天を