即興詩 †絡繰一夜†

ゆらゆらゆらり ゆらゆらり
静けき導 手繰りたる
ゆらゆらゆらり ゆらゆらり
儚き標 手繰りたる

さても儚き命綱
握り締めてはまた手繰る

操り人形 ゆらゆらり
絡繰人形 ゆらゆらり

僅かな導に身を預け
か細き標に身を任せ

操り人形 ゆらゆらり
絡繰人形 ゆらゆらり

戯れたるは 命の導
嘲りたるは 魂の標

夢を手繰れば忘却の淵
夜を手繰れば深淵の底
戯れるまま 手繰りたる
嘲れるまま 手繰りたる

さても儚き命綱
手繰り寄せてはまた握る

ゆらゆらゆらり ゆらゆらり
遥けき導 手繰りたる
ゆらゆらゆらり ゆらゆらり
遠けき標 手繰りたる