即興詩 †其れは闇夜の一欠片†

月の明かりを辿りましょう
星の明かりを紡ぎましょう

月の光が金鎖のやうに
細く、細く、連なって

私の心を絡め取る
私の体を絡め取る

緩く、緩く、締め付けられて
息苦しくて、息を吐く

溜息は夜に彩られ
深く、深く、溶けて消える

貴方に届く、一寸前で

其れは闇夜の一欠片