即興詩 †夜の闇を、超えて行きましょう†

夜の闇を、超えて行きましょう。
密やかに。
しめやかに。
あなたの声、を、聞けるまで。

十字架をいかに抱いても。
あなたの声は、まだ聞けない。
だから未だに闇の中。
だから未だに夜の中、

あなたの声が聞けるまで。
幾夜め夜を、渡り歩きましょう。
私が私を許せるまで。