即興詩 †アカイユメ†

君に似合う色を、ずっと探してたんだ。
一番大切な君に。
一番似合う色をあげたくて。

僕は微笑んだ。
偶然、ようやく、見つけて。

今、君は。
とびっきり似合いの朱を纏って、
綺麗に、眠ってる。