即興詩 †17歳の時間(とき)†

もうじき17歳の時が終るね
もうじき18歳の時が始まるね

もうじき学校から開放される
もうじき学生でいられなくなる
もうじき社会人という名に捕らわれる
もうじき大人であるように求められる

何かが変わるのだろうか この春は
何も変わらないのだろうか この春も
歳が一つあがって
学生から社会人になって
一部の行動を法律で許可されるようになって
少しの制限が無くなって 少しの制限がまた増えて
それでも
何も変わらないのだろうか
それとも何か違って感じるのだろうか

私はまだ子供でいたい
甘えた夢に浸っていたい
それでも
夢の中にいても 起きていて忙しく動き回っていても
等しく時は流れて

もうじき 17歳の時が終るね
もうじき 18歳の時が始まるね

もうじき子供の時間が終るね
もうじき大人の時間が始まるね