即興詩 †endless waltz†

誰か私を抱きしめて 私の愛を抱きしめて
私を愛してお願い
いいえ愛されるはずが無い だって私は貴方を愛せるか判らない

触らないで私に 愛してなんかいないくせに
優しげな口調で偽りを紡がないでよ
いいえ いいえ どうか私を傷つけて
一夜の夢なら幾らでもあげるから
泡沫の幻でいい 現を忘れさせて

逃げたい逃げたい ああ……
過去が私を追ってくる
忘れたい記憶ばかりが脳裏に甦る
何故…?

心の傷を身体の痛みで誤魔化してみる
緋色に闇に覆われて
けれど傷は広がるばかり……

何度も 何度も リピート
終らない悪夢
紡ぐのは一体誰の手……