即興詩 †母さんへ†

母さん 貴方は許してくれますか?
このオレを 貴方を騙し続けたこのオレを
母さん オレは貴方から秀一/身体(これ)を奪った
今までたくさん嘘や隠し事をしたね
そして貴方と共にいる限りそれは増えていくのだろう
母さん オレはそれを辛くは思うけど
貴方と共にいる限りきっとそうなるんだろうね

母さん 貴方は許してくれますか?
オレが今までについてきた嘘や隠し事を全て明かした時
本当のオレを教えた時
母さん 貴方は怒りますか?
それとも悲しみますか?
多分どちらでもないのでしょうね
貴方はきっと 昔 腕に傷を負わせてしまったあの時のように
痛みを隠した そして全てを許した微笑で
蔵馬/秀一(あなた)は秀一/私の息子(あなた)だと そう言ってくれるのでしょうね

母さん 貴方は優しい 誰よりも
けど だからこそオレは辛いんだ
母さん 貴方は多分全てを許してくれるけど
オレは決してオレを許せはしないから…

母さん オレはきっとこれからも貴方を騙し続ける
嘘も隠し事もたくさん増えていくのだろう
母さん オレはそれでも貴方のそばにいたいんだ
償い方は知らないけども
謝る術(すべ)も知らないけども
それでも
オレが貴方にできる事があるのなら…
母さん オレは貴方のそばでそれをしていってあげたいんだ